航空会社の株主優待おススメ3銘柄

- 航空会社の株主優待おススメ3銘柄

航空会社の株主優待おススメ3銘柄

北海道新幹線も開通して、日本全国各地に新幹線ですばやく移動できるようになりました。
しかし、まだまだ運賃が高いのがネックですよね。

交通費がネック

旅行、特に遠距離となると利用する移動手段は飛行機や新幹線と限定されてしまいますが、いずれにせよ交通費が高くつくのが難点です。
航空、鉄道各社ともいろいろとお得なサービスを提供してきてはいますが、それでも旅行代金の中で交通費が占める割合は非常に大きいといえます。
そして多くの人が、交通費を少なくしてその分ホテルや食事のランクを上げたいと希望しています。
だからこそ、交通費を抑えるために株主優待を利用してお得に旅行を楽しみましょう。


この3銘柄がおススメ

上場している航空会社でおススメの株主優待を提供するところといえば、まずANAが挙げられます。
日本の航空会社の代表格のひとつですが、株主優待の内容は1000株以上の保有株主に国内の同一一区間の片道の運賃が普通の半額で利用できるのです。
また、国内と海外のパッケージツアー商品にも割引が適用されたり、系列ホテルやレストランの利用、空港内でも売店や免税店で優待価格で買い物ができるなどさまざまなメリットがあります。
次に日本の航空会社といえば、JALを忘れるわけにはいきません。
こちらもANA同様、国内線の片道一区間の料金が50パーセント割引されます。
さらに、国内、海外のパッケージツアー商品の割引もあります。
そして、福岡県の北九州空港に本拠を置くスターフライヤーも株主優待を実施しています。
スターフライヤーをLCCと勘違いしている人も少なくないようですが、この会社では「ハイブリッドLCC」と銘打っています。
つまり、運賃をできるだけ下げるけれども、機内サービスなどは一般の航空会社と同等のものを提供するという取り組みを行なっているのです。
スターフライヤーも片道一区間の運賃が半額になるのはANAやJALと同様ですが、100株以上の保有で100株について3枚の株主優待券が年2回貰えるというから太っ腹ですよね。

関連記事:

Copyright(C)2016 株主優待を受ける方法とは?お得に旅行する方法も公開中! All Rights Reserved.