株主優待の有意義な使い方

- 株主優待の有意義な使い方

株主優待の有意義な使い方

株は安いときに買って高いときに売る、これが鉄則ですが、なかなか素人には簡単なようで難しいものです。
大きく儲けようとしても世の中の経済の動きなどの関係で予測のつかない動きを見せることもあります。

株主優待はお得?

儲かったという話を聞くこともあれば、大損したという人もいます。
そんなせいか、はじめから株なんて素人が手を出すものじゃないと思っている人も少なくないようですが、最近では株価だけでなく株主優待を目当てに株を購入する個人投資家も増えています。
銀行の定期預金に預けてもほとんど利子の期待できない昨今ですから、その分株式投資して株主優待を受けたほうがお得になることが多いのです。
そんな中、航空会社の株主優待は特に人気があります。
優待の内容は、国内線の同一区間片道の運賃が50パーセント割引が主なポイントです。
さらには系列グループ各社のホテル宿泊やレストランなどの飲食の際にも割引が受けられます。
家族旅行をする際などは、割引価格で航空券を手に入れて、系列ホテルに泊まりそこで食事をするとかなりお得になると思いますよ。
また、パッケージツアー商品の購入にも割引サービスが適用されます。
この優待券が年に2回送られてくるのですから、結構使い勝手はいいですよね。


使わないなら売ってしまおう

株式優待券は所有株数によって貰える枚数が異なりたくさん株を所有しているほど多く貰えますが、1年間の有効期限があります。
その間に使う予定がない、たくさんもらっても余ってしまうこともあるかもしれませんよね。
そういったときは、金券ショップに売ることもできます。
店舗に出向いてもよし、インターネットにもたくさんの買取店舗があるのでそこで条件のいい店を探して売るのもいいでしょう。
株主優待券を金券ショップに売るのは違法やルール違反ではなく、多くの人が行なっていることなので安心して買い取ってもらいましょう。
ただし有効期限が迫った優待券は安くしか買い取ってもらえないので、使う予定がないのなら早めに売ることをおススメします。

Copyright(C)2016 株主優待を受ける方法とは?お得に旅行する方法も公開中! All Rights Reserved.